どーもー、全国の『ザ☆きんにくブログ』ファンの皆さん、こんにちは。

なかやまきんに君です。

男性はもちろん、割れた腹筋に憧れはあると思います。そして、そんなに筋肉ムキムキになりたくない女性でも、腹筋(お腹周り)が引き締まって、ハリウッド女優のように少し筋肉のラインが入っているのは憧れるのではないでしょうか。

今回は、大好評の「 正しい筋トレ 」シリーズの腹筋編です。男性でも女性でも、「最近、太りだしたな」と感じて一番気になるのはお腹周りという方には特にオススメのお話です。

まず前回の 「正しい筋トレをしよう〜腕立て伏せ編〜」 SS1000DS ディライト マフラー レーシングチタンフルエキゾースト マフラー本体 deLIGHTでもお伝えしましたように、「正しい筋トレとは何か?」と言うのを簡単に言うと、「正しい筋トレ」=「目的にあったトレーニング」です。

では、腹筋のトレーニングの「目的」とは大まかにこのような事ではないでしょうか。

それは、「6つに割りたい」、「筋肉のラインを少し出したい」、「ウエストを引き締めたい」、「背筋とのバランスを取りたい(腰痛予防)」などだと思います。

これらの目的達成の為には、大切な事が 3つ あります。

「1、腹筋を知る事 」、 「2、自分のあった腹筋運動」 、そして 「3、食事」 です。

オイ、オレの筋肉、いい腹筋を手に入れる事が出来るのかい!?それとも出来ないのかい!?

どっちなんだい!?

さぁー、というわけでその3つを説明していきましょう。

1、腹筋を知ろう

そもそも腹筋って?

腹筋は大きく分けると2つあります。いわゆる、6パックに割れるのは「腹直筋」といい、肋骨の下から股関節まで繋がっています。もう一つは、その両サイドに斜めに走っているのが「(外)腹斜筋」です。両方をバランスよくトレーニングしましょう。

トレーニングの姿勢で大切な事は?

全てのトレーニングは基本的には胸を張って背筋を伸ばした姿勢で行いますが、唯一、腹筋運動に関しては背中は丸めて行います。猫背のようにして、あごを引いて行いましょう。特に初心者の方や、腰に不安がある方は、この姿勢で行わないと腰に大きな負担がかかってしまいます。